遮熱タイプ飯塚市のS邸のご紹介

投稿日:2015.09.30

こんにちは!

昨日の夜、子供の習い事の送迎帰りに初めて飲酒運転の検問にあった事務のMです。
同乗していた子供たちは「これがテレビで見るやつか~!」と盛り上がっていましたが、飲酒していない私は(もちろんですが・・)突然の検問に動揺を隠せず

なぜなら!さっきニンニクの効いた唐揚げを食べてしまった。もしかして検知されるかも?と突如バカな考えが・・
人は動揺すると突然変な考えをするのですね(私だけ?)
検査機にニンニク臭い息 を吹きかけましたが、もちろん検知されずあっという間に終了!

検問後は「あやうく捕まるところだったよ~」と悪いこともしていないのに言いながら、初めての検問にテンション の夜 になりました

さて今日は飯塚市のS様邸のご紹介です。

屋根・壁ともに遮熱タイプの塗料で塗っていきます。

とってもおしゃれな外観のお宅ですが、だいぶ色褪せが家全体に目立ってきています。

 

63e95b93-s

壁には窓枠から雨だれの跡があり、黒く汚れています。
また壁の汚れや、シーリングの割れがひどくクギも浮いた状態になっています。

壁、窓度枠から雨だれあと

 

e9609330-s

 

既存の壁、シーリングの割れがひどいです

 

既存のかべです。シーリングが割れてクギも浮いてます

 

泉です
目地のシーリングのひび割れ方も原因によってひびの入り方が色々違ってきます。

今回のように目地のシーリングに細かい小さなひびが無数に入っている場合はシーリングの経年劣化によるものです。

日当たりの向きにもよりますが、
通常のシーリングは平均8〜10年でこういった状態になり性能が極端に落ちてきます。

このまま放置しておくと徐々にボロボロになっていきますので、雨漏りの原因になります。

 

 

再び、事務のMです
まずは家全体に足場を組みます。

既存壁、足場を組み終わったところです

 

シャッターなど汚れないよう、壁を養生します。
雨樋も汚れないように養生します。

壁の養生

 

雨どいを養生

 

まずは壁の下塗りからです。
壁を浸透性のシーラーで下塗りしていきます。

泉です
浸透性のシーラーは下地の弱っている部分に浸透して固まり、次に塗る塗料の密着を高めます。

壁を浸透性のシーラーで下塗り

 

壁の中塗り中です。

 

壁の中塗り、

 

 

壁の中塗りが終わり、この後上塗りに移ります。

泉です
今回はハイグレードタイプのシリコン塗料、ハイパービルロックセラを使用しています。従来のシリコン塗料より、ツヤ・耐久性ともにアップしています。

壁の中塗り完成、このあとうわ塗り

壁のきわなど細かいところは刷毛で塗ります

壁のきわなど細かいところは刷毛で塗ります

 

塗り残しがないか細部まで確認しています

 

壁の塗り残しタッチアップ

 

サイディングの古い目地を撤去しました↓

 

サイディングの既存の目地を撤去したところ

 

サイディング目地を20年耐久の特殊LSポリマーでシーリングをします。
このシーリング材はかなりお勧め!
Mさんも家の塗り替えするならこのシーリング剤を使うといいよ!勧めらているものです。
(うちは家を建てて10数年・・・ )

 

壁サイディング目地を20年耐久の特殊LSポリマーでシーリング

 

↑そうなんです! 泉です

今回は当店で使用している耐久年数20年の特殊LSポリマーを使用します。
このシーリングはなかなか優れもので、耐久年数は通常のシーリングの2倍!

しかも、通常のノンブリードタイプ(可塑剤が入ってないので油分が浮き出てシミにならない)のシーリングはノンブリードとうたってますが、微量に可塑剤が入っているので年数が経つと若干ブリード(シミが出てくる)してきます。
この商品は完全ノンブリードなので、何年経ってもシミが出てこないし、弾力性も通常の2倍程度伸びますので、超耐久性を実現します!(^^)

 

破風板を4Fフッ素で塗装しています↓

 

破風をフッ素で塗装してます。

 

破風板塗装中

 

屋根に登ると・・ありましたボールが
雨どいのマスの中に鳥が巣を作ったりすることもあるので、中まで詰まっていなかいチェックして綺麗に洗浄します。

 

雨どいな中にボールが入っていたので取り除きました

 

雨どいの中も洗浄の際に詰まってないかチェックして綺麗に流します

 

雨どいのマスの中に鳥が巣を作ったりすることもあるので

 

屋根にはソーラーパネルが設置されていましたので、塗料がつかないよう養生します。

 

屋根塗装前にソーラーに塗料が付かないよう、養生

 

屋根をシーラーで下塗り、細かなひびに浸透して中塗りの密着を高めます。

屋根の下塗りシーラー

後は足場を外して完成です。

坂田邸 後は足場を外して完成

 

がらりとイメージが変わってメリハリが出て全体がしまった印象になりました
素敵です!本当に新築みたいですね

こんな素敵に変身したお宅を見ると、いつかはうちも と思うMでした・・・

IMG_1520

 

 

 

お問い合わせ