他社で見積もりをすでに取られている方へ

複数の業者に塗装工事の見積もりを取って、価格や工事内容を比べてみるは一般的になってきました。そうですよね。大事な住宅を大きな金額をだして塗り替えるのですから失敗はしたくありませんよね。

塗り替えた直後はどの塗装業者でもきれいに見えます。でも数年たった時に塗装工事業者の差がでてきます。数年後に後悔しないように長持ちする塗装の見積書の比べ方や後で後悔しないためにお客様に知って欲しいことをお伝えします。

色決めの流れ

塗装工事は大手ハウスメーカー、工務店、リフォーム店、塗装専門店と多くの会社が取り扱っています。私どもは塗装専門店です。

ハウスメーカ、工務店、リフォーム店は塗装専門店に下請けに出す場合が多いです。自社の塗装職人で塗装をするのか?下請けにだすのか?も確認しましょう。何かあった時に責任の所在が曖昧になります。

また、お住まいの地域で施工事例やお客様アンケートがホームページにあるのか?会社の住所がはっきりしているのか?地域に根付いた会社であればそこで働く職人や従業員はお客様のお住まいの地域と生活圏がかぶるはずです。地域密着型の会社は信用が第一です。職人や従業員の家族もお客様に出会うことがあるはずです。信用第一だからこそ地域内で変な仕事はできませんよね。

また、塗装工事後に塗装工事をした会社がアフターメンテナンスをきちんと行ってくれるのか?下請けに出してるとすぐに対応できませんよね?会社がお客様宅と近いのかも判断材料になるかと思います。会社から遠いと何かあっときすぐに駆けつける事が難しいかと思います。

工事内容を書面で提出し内容について専門家として答えられているか?

小さな会社だと書面に残さず口約束だけで工事を進める場合があります。信頼関係で成り立っているように思いますが一番のトラブルの元です。工事内容、材料、期間、金額をきちんと書面にして言った言わないを防ぐためにもきちんとした見積書や工事提案書を提出してい貰いましょう。見積書や工事提案書がないと他社と比較するときに正確に比較でません。

金額だけでみてしまうと安いからいいとなりかねないからです。安すぎるとどこか工程を飛ばしたり塗料のランクを下げられたりされます。
そこで、塗料や工程について質問しましょう。その受け答えがしかっりしているのか?適切なのかを比較してみましょう。塗装のプロであれば些細なお客様の疑問でもキチンとお答えできるはずです。営業マンでただ提案書を持ってくるような会社であれば回答はむずかしいでしょう。

塗装工事を丁寧にしているのか?

見積書や提案書だけではわからない部分です。実際に丁寧に仕事をしているのか?疑問を持たれると思います。その場合は、塗装工事会社がブログやホームページで施工事例を公開しているかどうか確認しましょう。施工例や施工の工程まで載せているのであれば丁寧にしているかどうか確認が出来ます。

外壁や屋根の部分だけでなくそれ以外の塗装箇所をどうしているのか?塗装現場が綺麗になのか?など気づく点も多いと思います。

一番は過去の施工した現場や現在塗装している現場を見せてもらうのが一番だと思います。

現場日記

現場見学会

外壁塗装と屋根塗装の施工例

  • 福津市施工事例
  • 古賀市施工事例
  • 宗像市施工事例
  • 糟屋郡施工事例
  • 近郊地域の施工事例
  • アパートの施工事例

すべての施工事例を見る

お問い合わせ