塗装が必要な理由

家の塗り替えをするタイミングってどんな時だと思われますか?

外壁の劣化

家を建てて10年経ったから?子供が成人して家を出ていったなど生活環境が変わった時?
外壁や屋根のひび割れや汚れが目立ってきて家が汚く見えてきたなど実はお客様によって色々です。
でも家が汚れてきたら綺麗にしたい!という方が多いように思います。また、汚れや劣化が目立ってきたけど住めないことはないからまだ必要ないと思われている方も結構いらっしゃいます。 実は、家は常に日光や風雨など受け続けて厳しい環境でダメージを受け続けています。
塗装されていない箇所は痛みやすく劣化しやすいのが現実です。

屋根の劣化

これを防ぐために塗り替えで外壁や屋根に塗膜を作り保護してあげる事がとても大事なんです。
しかしながら、どんな塗膜でも劣化していきます。この塗膜の劣化は塗装箇所の劣化を進めてしまいます。ですから劣化を遅らせる強い塗膜を作ることが塗り替えで一番大切な事なんです。塗料によっても性能が違うので性能を把握し、厚さをしっかり確保することが重要です。

建物を塗り替えるメリット

1.劣化していく外壁や屋根の保護

日光や風雨など受け続けて厳しい環境にさらされている家の外側を保護する必要があります。外壁や屋根の外気にさらされる表面に塗料の塗膜を作り、劣化の原因を遅らせ建物を守ります。外壁や屋根の傷みを住むのに支障がないと放置すると、リフォーム箇所が増えてしまい塗り替え費用がかさんでしまう事があります。建物をしっかりと保護することが塗装の最大の目的です。

2.古ぼけた印象から新築のように

家は建てた時は綺麗な外観が風雨にさらせれて年数が経過してしますと、どうしても外壁や屋根は汚れてきたり色あせをしてしまいます。日の当たらい面などはコケやカビのようなものが生えてしまい黒ずんだり緑色になったりと古びた印象を作ってしまいます。新築同様、機能的な塗料などをつかって家を塗り替えることは、外観を綺麗するだけでなく資産価値も向上します。
将来家を手放すことになる時に慌ててしまわないようにするということも大事なことではないでしょか?1階と2階部分で色分けをしてツートンカラーにしたり、新築時と違った色にすることで家を建てた時の感動がまた蘇ります。

3.劣化していく部材の劣化を遅らせる

基礎のコンクリートやコンクリート打ち放しのなどのコンクリートに合った塗料。雨樋や門扉などの鉄部のサビを取り除き、サビを抑える塗料。軒下や縁側やウッドデッキなどの木部には木部の腐食などの防止する塗料。 それぞれの部材に合った塗料を適切に塗装することによって家の劣化の進行を止め遅らせ年々かかる家のメンテナンスの費用や期間を抑えることが出来ます。

4.雨水や漏水から家を守るために

家の傷みがひどくなるのは雨漏りや漏水です。水によって家の内部の木材が腐食し劣化していきます。少しのヒビや釘やネジの打設箇所や施工不良部分から水は侵入していきます。適切な防水工事をすることで家の内部から劣化を防ぎます。原因となる箇所の徹底的な防水工事が必要になります。ベランダ、屋根、窓やドアなどの開口部など水が浸入しやすい場所も劣化してくるため点検と塗り替えなどが必要になります。

家の外側の劣化を塗装することで解決できます。

塗料はここ数年でかなりの進化をしています。汚れが付きにくい塗料や雨で汚れを洗い流す塗料、ひび割れに追従して塗膜で建物をまもる塗料、熱を反射して外壁や屋根の温度上昇を防ぎ室内の温度変化を緩やかにしてくれる塗料など様々なものがあります。このような高機能塗料は塗装職人の技術が必要で施工認定でしか扱えない塗料もございます。フクワ住研はこのような高機能塗料の施工認定です。お客様の家の環境や目的にあった塗料をご提案できます。次の塗り替えまでに通常よりも2~3年も長持ちさせることにこだわった塗装工事をご提案しています。

お問い合わせ