防水工事

防水工事

IMG_5223IMG_5232DSCF1797DSCF1807

 

ベランダや屋上の防水が経年劣化でひび割れてしまっていませんか?

一般住宅、アパートなどのベランダなどはFRP防水やウレタン防水などが多く使われています。

それぞれ防水が切れ始めている兆候としては、細かいひびが入り始めたらやり替えた方がいいでしょう。

ベランダや屋上の内部に雨水が浸透すれば当然家の中にも水が浸入して雨漏りになります。

家を建てて7~10年くらいから防水が切れ始める家が多いようです。

表面のひびや剥がれ程度でしたら、表面の簡易防水の補修で済みますが劣化を放置しておくと

水が躯体内部まで浸透してしまい柱などが腐食して大きな工事になってしまい高額な費用がかかってしまいます。

防水表面の劣化具合が軽いうちにウレタン防水などで補修することをおすすめします。

 

 

 

お問い合わせ